皆さまに重大な発表を致します。今年5月4日~6日まで開催予定だった第10回イーストエンド国際ギター・フェスティバルを来年へ延期することと決定致しました。ヤマンドゥ・コスタが現在居住するポルトガルから日本への入国が昨日から出来なくなったこと、現在ニューヨークを抜けてカナダに滞在するホルヘ・カバジェロもこの先、日本へ入国出来なくなる可能性が高いことも有りますが、なによりもイタリア、スペイン、アメリカなどの感染拡大の様子に今は新型コロナウィルスを封じ込めるために世界中で団結するべきだと判断した為です。2人のゲストも来年への延期を快諾してくれましたので、来年に全く同じ2人のゲストで全く同じ企画(コンサート、コンクール、ギター展示会など)で東京オリンピックの開催時期を外した日程で行います。日程は未だ決められませんが、チケットの払い戻しなどにも勿論対応致しますが、ご予約いただいた方の席はそのまま来年へ持ち越す事も可能です。チケットご購入の方にはこちらから後ほど改めてご連絡差し上げます。コンクール参加者の方には参加料を返金させていただきます。
 ヤマンドゥは2人の子供と奥さんを抱えて今年の8月までの予定が全て空白になったそうですが、いつものように明るくエネルギッシュでこちらに不安を微塵も抱かせません。それどころか僕たちの健康を気遣ってくれています。後ほど日本の皆さんのためにビデオメッセージを送ると言っていますので、彼からメッセージが届いたら皆さんにお知らせしようと思います。
 また、ホルヘ・カバジェロも日本の私たちに大変心強いメッセージを送ってくれましたので、拙い訳ですがこちらに掲載させていただきます。
 これと合わせまして、ヤマンドゥ・コスタの八女、ブルーノートTOKYO公演、ホルヘ・カバジェロの京都、神戸、博多、ギター文化館での公演も今年は行われません。ただ僕の方としましてもなるべくそちらの公演も来年へ延期となるように各主催者へお願いしたいと思います。
 今回このような形となり楽しみにしてくださっていた皆さまには本当に申し訳有りませんが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
イーストエンド国際ギター・フェスティバル
樋浦靖晃